【 LS−121実測データの紹介】


  LS-121は多点スキャニング式の道路横断測定型積雪深計です。
  カメラ画像と合わせた場合、観測とデータ保存が同時にできます。


ここでは写真の道路右側に鋼管柱を立てて4mの高さから測定しています。
グラフの0mが写真右側となり、写真とグラフでは左右が入れ替わります。
6m以上が0cmとなっているのは用水路上で、基準の道路より低くなっている為です。
吹雪で用水路も埋まるらしいので、その時には測定できる事でしょう。



↓ようやく冬らしい積雪となってきた。

下は舗装された駐車場での様子、散水による水道が確認できます。

↓の様に変化している事が伺えます。



  Copyright © 2010 新潟電機株式会社 All rights reserved.