製品情報

製品情報Product information

降雪センサー

気象観測機器

気象情報システム

積雪重量計(MN)

MNシリーズMetal Wafer System

メタルウェファーユニット
メタルウェファーユニット

雪の重さを量る…
雪の重さは、山間部での雪崩発生や、屋根雪による家屋倒壊等の雪氷災害の発生に密接に関係しています。しかし積雪密度は、雪質により変化するため、積雪深からでは判断することができません。そこで、積雪重量を直読でき自動計測できる積雪重量計が求められています。

メタルウェファーは米国カリフォルニア州の資源局(Resources Agency)において1974年に開発された積雪重量計測装置で、1983年我が国において電気的な記録が出来るように改良され、北陸地方の積雪に対して実用性が確かめられました。本製品は各種表示装置及び警報装置をメタルウェファー本体と組み合わせ、システム化したものです。

カタログ画像

MN-301

動作原理

ステンレス薄板製の偏平容器(L2000mm×W1000mm×10mm)4枚の中に液体を充填し、容器内の圧力を圧力センサーで電気信号に換え、積雪重量値を計測表示します。

特長

  • 測定部はステンレス製で、耐候・耐久性に優れています。
  • 感知部の有効面積が広いので信頼度の高い測定値が得られます。
  • 単位面積当りの積雪重量が簡単に直読できます。
  • データをアナログ・デジタルの2系統で出力します。
  • 積雪有無センサーで積雪期間が特定できます。(オプション)

用途

平野部・山間部等の積雪量の測定に!建築物等の雪下ろし適期の判断に!河川・ダムの推量管理に!  積雪深計と組合わせて積雪循環曲線を!積雪地・無電源地域での冬季降水量の自動計測に!

仕様

電源電圧 AC100V(許容変動範囲±6%) 50/60Hz
周囲温度 -20~+40℃
取付場所 メタルウェファー本体 屋外(周囲5m以内に樹木、建物などが無いことが望ましい)
圧力センサーボックス 屋外(メタルウェファー本体近傍0.5m以内に設置)
データ処理部 屋内
計測方法 メタルウェファー上の積雪重量を圧力センサーから電気信号に変換
測定範囲 0~2,500kg/㎡
測定制度 ±10kg/㎡
直線制 測定範囲において直線
表示 測定日時、積雪重量(**kg/㎡)
出力信号 デジタル出力 RS-232C 測定日時、積雪重量(**kg/㎡)
アナログ出力 DC 0~2.5V(積雪重量=0~2500kg/㎡)
材質 メタルウェファー本体 SUS 304
圧力センサーボックス SUS 304
データ処理部 SPC-1
重量 メタルウェファー本体 約10kg/ユニット(不含:不凍液)
圧力センサーボックス 約7.2kg
データ処理部 約4.0kg
寸法 メタルウェファー本体 2000×1000×10(厚)×4枚
圧力センサーボックス 700×900×175(高)
データ処理部 480×150×300(奥行)
 

Page top